読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤帆乃香の星叶―ほのか―な願い

小説、短歌、詩を投稿しています。主に掲載された作品をお知らせします。 著書『ヒロイック・ヒール』『私を見つけて』(共にebook発行)もよろしくお願いいたします♪ Twitter:@honoel4DESEO

東京新聞「東京歌壇」に掲載されました

11月13日、11月20日、12月18日の
東京新聞「東京歌壇」に私の短歌が掲載されました。

11月13日↓
f:id:nohono81:20161122104233j:plain

「プリクラの四角に沿ってはさみ入れみんなが平等だったあの頃」

中高生の頃、よく友達とプリクラを撮っていました。
色々な家柄や生い立ち、容姿、学力を持つ子がいましたが、プリクラの取り分だけはいつでも完全に平等でした。

今は大学生になり、別々の場所で全く別のことをしています。

これから先どんなに生活レベルに差が出来ても、あの時だけは対等だった。

そんな時代が美しくて、詠んだ歌です。


11月20日
f:id:nohono81:20161122104401j:plain

「部屋干しのジーパンすっかり色落ちて付き合い始めと同じ香りす」

彼氏との生活の一コマです。

すっかり顔も見飽きて、ときめきなんてほとんどなくなってしまったと思っていても、

ふとした瞬間にこの人の良さに気づく。
この人で良かったなと思う。

そんな毎日です。

12月18日
f:id:nohono81:20161219144905j:plain

「このままでいいのかしらと排水口の髪の毛に尋ねては捨て」


唯一ひとりになるお風呂の中。

裸で排水口を覗き込んで、自分の体から離れた汚い髪の毛を眺める時間が、どことなく落ち着きます。

排水口は、自分の身体ともっとも近い場所という感じがするのです。

そんな感覚を詠みました。

私の著書『ヒロイック・ヒール』『私を見つけて』(共にebook発行)はこちらから!小説もよろしくお願いします。

産経新聞「朝の詩」に掲載されました

f:id:nohono81:20161120214915j:plain

11/19(土)の「産経新聞」朝刊に
私の詩"いのち"が掲載されました!

安部首相、トランプ大統領と同じ一面に載っています。笑


高校生の頃から読んでいましたし、
「朝の詩」出身の詩人、柴田トヨさんの詩集も好きで読んでいたので本当に嬉しいです。

九月に投稿して、ようやく載りました。

応募から掲載まで、二ヶ月の間があったということになります。

応募してからどのくらいで載るのか私自身気になっていたので、もし同じような方がいらしたら参考になさって下さい♪

**

いのち


結婚なんてしない

子どももいらない

暮らしが苦しくなるし

何の得もないもの

そう言うあなたの背後

鈴虫が必死に鳴いてる


虫たちは雌を求めて

必死に鳴き

草花も子孫を残すため

死に花粉を飛ばす

人はそれを疎むばかり


私はいつも疑問に思う

人は自然の中に生きる

一動物ではなかったの

私の著書『ヒロイック・ヒール』『私を見つけて』(共にebook発行)はこちらから!小説もよろしくお願いします。

公募ガイド 9,10,12月号の「短歌の時間」に掲載されました

「月刊公募ガイド」2016年9,10,12月号に、私の自作の短歌が掲載されました!

東直子さんという歌人の方による「短歌の時間」というコーナーです。

①9月号
「丸三角三角丸二重丸心理テストはまだまだ続く」
という歌で、佳作を頂きました。
f:id:nohono81:20161225064913j:plain
投稿開始から三回目でようやく誌面に登場できたのがこの号です。

最初は楽勝だと思っていても、やはり載るまでには紆余曲折のストーリーがありました。

本屋で自分の名前を見つけるというのははじめての経験で、感慨深かったです。


②10月号
「食べ終えたぶどうの残骸のようにすべて捧げて死んでゆきたい」
という歌で、秀逸をいただきました。
f:id:nohono81:20161225065112j:plain
この時はこの歌以外にも幾つか投稿しました。
その中で最も私の性分が出ていると思われるこの歌が選ばれ、
何だか嬉しく思ったのを覚えています。


③12月号
「しおからい雨に降られた帰り道まんじゅうのような猫を見てた」
という歌で、選外佳作をいただきました。
f:id:nohono81:20161225065234j:plain
言葉遊びのように、パッと思い付いたものをパッと送りました。

掲載されると思っていなかったので嬉しかった歌です。

P.S.
「月刊公募ガイド」は、全国の書店、関東・東海のローソンに置いてあるそうですので、機会があれば是非確認してみて下さいm(__)m

私の著書『ヒロイック・ヒール』『私を見つけて』(共にebook発行)はこちらから!小説もよろしくお願いします。